特徴編

尾鷲弁とは・・
外国の中で日本語がミョーになつかしくうれしくなるように、尾鷲人にとって違う土地で尾鷲弁を聞くと恥ずかしくもあり、なつかしくもあり、うれしくもあったりするもんです。。
さて、その特徴とは・・
一番はやっぱり独特のアクセントでしょう・・
前に尾鷲のドラマがあったけど、文字としては尾鷲弁なんだけど。。
ちゃうやんかぁ・・って・感じでしたね〜
違う地方の友達に「おーとっちょーがいなもんじゃなぁ・・」を教えた時もやっぱりちがってました。
本人はそっくりー・・といってよろこんでましたが。尾鷲人としては発音わるいわ!!って・・・

その2
敬語が貧困である。
人称の場合でも私、あなた・・なんてあまりつかわれない。<よそいきの言葉である・・
私は。。わし、おれ、あし。。あなたはいの。あんた、おまえ等
日常の挨拶の場合、「お寒うございます。ご無沙汰いたしております,お変わりございませんか」というのは
「寒いのう。なっからじゃのう、まめなかい〜」である。

しかも、普段の挨拶は「お久しぶりです。お元気でしたか?」というのは
「よう!、まめなかいぃ〜」ですんでしまうのだ。
その3
 言葉は断片的で前置きは少ない。
その2でも書いたように挨拶一つでも「よう!」の一言で総てを抱合している。
小さい頃駄菓子やに買い物に行く時はみな「売って〜」と入っていたもんだ。
「何を?」「これ」「どんだけ?」「こんだけ」・・って感じです。

その4
現在進行形の言葉
たとえば行きつつある⇒「いっきょる。」
泳ぎつつある⇒「およんぎょる」
押しつつある⇒「おっしょる」
かちつつある(まけつつある)⇒「かっちょる」「まけーよる」
乗りつつある⇒のっりょる<のんりょる
「つつある」というのが「ょる」に代わるのが多い

その5
何事も最大級の言葉
あの子は足が速いね⇒あの子は はやきってくで〜」
遅いね⇒おそきってく
このトンネルは長いね⇒ながきってくんなぁ・・
短いね⇒みじかきってく
きってくをつけるとすべて最上級になります・・
または前にどいろをつけたりもします。
よく効く薬です。⇒どいろよー効くくすりやでぇ
よくできてますね⇒どいろよーできとるんなぁ

その6
「にゃ かい」
伊勢の「ナ」言葉(助詞)は有名だが当地では目上の人に対しては「ナ」をつけるが友人関係には「ニャ」と云う助詞が普通につかわれる。
また、「カイ」という感動詞的な言葉も盛んにつかわれる。
聞きなれない他の地方の人にはめずらしがられたりする。
「例」
僕がこの間の日曜日にね,海につりに行ってね,釣をいれるとすぐに引くので,力いっぱい引き上げたたいそう,大きな物でたもで受けようと思ったら逃げてしまったよ

おらぁなこないだの日曜日ににゃ,海へつんにいってにゃ、釣をほり込んだら,かい,引くもんでにゃおもいさくひっぱったらにゃどいらいおっきいもんでにゃ、
たまでうけよとおもたら、かい逃げてったんじゃげ。

尾鷲弁3へ戻る