尾鷲弁その3

尾鷲弁 意味 使い方
やしゃらもない しようもない、つまらない やしゃらもないなー
やじろ うるち米をまぜたもち
やっぱか やはり やっぱかその方がえーなー
やめる(病める) 痛む 腹がやめてなー・・
やもた いやになった、あいてくる まーやもてきてなー
ややこし めんどうな これはややこしなぁ
ややこし むつかしい ややこし問題やにゃぁ
やんが 無理、やけ やんがこくんでこまるよー
やんが いっぱい やんがおったでー
やんまいづく 頭痛のたね まーやんまいずくよーれ
ゆきひら おかゆ等をたく土鍋
ゆわえる しばる、むすぶ ちゃんとゆわえといて
よくぼし よくばり あんただっきゃーよくぼしなー
よごみ よもぎ
よさ
よたか よいっぱり この子はよたかやで寝やへん
よとぎ お通夜
よみさし 読む途中 この本よみさしやでー
よれとる いっぱいある アサリはよれとったでー・・
わりゃー お前(人をののしる言葉) わりゃーごーわくんにゃぁー(君ー腹が立つねー)


まだまだありますが・・とりあえず・・このへんで・・
最後まで見てくれた方ありがとうね!!

その2へ戻る  尾鷲弁の特徴へ